赤ちゃん誕生に向けた計画|葉酸サプリで元気モリモリ

看護師

妊娠と出産

赤ちゃん

胎児の奇形などを早めに把握するためには、経験や技術を持つ医師の超音波検査を受けることが必要です。川崎の産婦人科では、精度の高い検査が可能となっています。この産婦人科は無痛分娩を取り入れており、痛みを抑えた出産が出来るとして人気です。

» 詳細へ

妊婦に必要な食事

妊婦

国が推奨する栄養素

妊娠した女性は、お腹にいる赤ちゃんのために、栄養バランスを考えた食事を心がけるように自治体などから言われています。特に国が推奨する妊娠に必要な栄養については、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラルの4つを充分に摂取することが明示されています。特にビタミンの一種である葉酸は、妊娠初期の赤ちゃんの体を作る上で非常に大事な栄養素です。体の重要な器官を形成する時期であり、葉酸の摂取が極端に少ないと、まれに赤ちゃんの体に影響がある場合があります。そうならないために、ほうれん草やキウイなどの葉酸を多く含んだ食べ物を摂取するように心がけることが大事です。葉酸の大切さは、医学の面でも証明されていますので、今後も妊婦に対して推奨し続けると思われます。

効率良い摂取

葉酸の大切さは述べましたが、では実際にどのくらいの量を摂取するかというと、400マイクログラムと言われています。この量は、ほうれん草では約6〜7束分も食べなければならない計算になります。毎日この量を食べるのは大変ですので、最近ではサプリメントで葉酸を効率良く摂取する人が増えています。サプリメントを利用すれば、商品にもよりますが1日2粒程度で簡単に摂取できるようになります。また、妊婦用に特別に作られたサプリメントも近頃は発売されており、葉酸の他にも妊婦に必要な栄養素を一緒に摂取できるものもあります。このような点から、サプリメントは妊婦にとって人気のあるアイテムとってなっています。ただし、基本は毎日の食事ですので、バランスの良い食事に心がけることが大切です。

確かな情報を得るために

医者

名古屋で不妊治療をしている病院を選ぶ際には、無料相談会に参加してみましょう。不妊治療に関する知識を得られるほか、その病院の治療内容や考えを把握することができます。また、メール相談を受け付けている病院もあり、忙しい方でも気軽に相談することができます。

» 詳細へ

妊娠しやすくする治療

看護師

排卵に関して障害があったり無排卵の場合には妊娠の可能性が低くなってしまいます。そこで排卵誘発剤を使用すれば卵を育てることが出来ますし、計画的に妊娠することも可能です。保険内で行われることが多いので負担も少なくて済みます。

» 詳細へ