赤ちゃん誕生に向けた計画|葉酸サプリで元気モリモリ

医者

妊娠しやすくする治療

看護師

不妊治療として

排卵が正常に行われていないと妊娠しにくいですから、排卵誘発剤を使用した治療を行う事によって妊娠率を高めることが出来ます。排卵誘発剤は不妊治療の一環として扱われることも多いので治療費にお金が掛かると思っている方も少なくないでしょう。しかし、排卵誘発剤は保険が適応になることが多いので、自己負担は少なくて済みます。内服と注射の二種類に分けられますが、内服の方が費用面での負担は少なくなります。気軽に始められるのもメリットのひとつかもしれません。内服と注射を併用して行うケースもありますし、治療の進め方に関しては医師と相談しながら決めましょう。排卵誘発剤を使用することで妊娠力を高めることが出来ると言っても良いでしょう。いまは婦人科でも女性医師がいるところも増えているので、もし不安ならそういった女性医師のいるところを探すのもいいかもしれません。

効果

卵が育ちにくい人や排卵障害のある方などに有効な排卵誘発剤ですが、使用することによって妊娠力を高めることが出来る以外にも様々な影響があります。まず排卵誘発剤を使用すると多胎妊娠の確率が高くなります。つまり双子や三つ子の可能性が高まるのです。内服タイプのものでも5%から10%程度、そして注射タイプですと更に確率が上がり20%前後の確立で多胎妊娠するという点も頭に入れておきましょう。どんな形でも、妊娠を望む人からしたら子供を授かれるというのは嬉しいことです。人によっては治療に少し時間が掛かってしまうケースもありますが、パートナーと二人三脚で進めていきましょう。